レディースの喪服選びは慎重に行いましょう

皆さんは喪服を選ぶ時、どんな基準で購入またはレンタルされるでしょうか。葬儀はたくさん重なる時もあれば、何年もなかったりしますよね。いざ喪服の出番が来た時に、サイズが変わっていて入らなかった!なんて事もあるのではないでしょうか。レディースの喪服は、購入した時の流行りもありますから、年が経つにつれてデザインも変わってきます。サイズもデザインも気にせず、長く着ることの出来る喪服があったら、いざという時に慌てなくて済みますし、苦しいのを無理して着て行って、体調が悪くなっては元も子もありません。もしこれから購入を検討されているなら、慎重に選んでいただきたいと思います。そこで、レディースの喪服を選ぶ上での大事なポイントを、簡単にご説明いたします。

急な時に、サイズを気にしたくない

喪服の困ったことで、一番多いのがサイズではないでしょうか。レディースは、ジャケット・スカート・ワンピース等がセットになっているものが多いかと思います。今の流行としては、短め丈のジャケットにハイウェストのワンピースが多いようです。ワンピースでしたら、よほどぴったりサイズを選ばない限りは、多少のサイズの変化には対応できます。ただ、長く着る事を前提にいいものを選びたいのでしたら、ジャケットの丈はあまり短すぎない方がいいように感じます。ぽっこりお腹がジャケットの下から見えていたら、あまり格好が良くはありませんよね。ある程度お腹は隠れるものがおススメです。また、「襟があるかないか」も重要になってきます。お年を召した時には、襟なしタイプのジャケットの方が襟元はすっきり見えますし、黒真珠などのネックレスも映えます。いざという時に、スマートに着こなしたいものですね。

喪服はいつでも優雅に着こなしたいもの

不謹慎だと思われるかもしれませんが、女性でしたらいくら葬儀のときだと言っても、サイズを無理して着たり、流行遅れの喪服を着て、やつれていると見られるのは嫌ですよね。女性は無意識にお互いの身なりをチェックしてしまいますよね。昔の旧友に久々に会った時、自信をもって堂々とふるまいたいのは誰でも一緒です。その為には、凝ったデザインよりもシンプルなデザインで、そんな中にも気品が漂う一着を選びたいものではないでしょうか。流行りに惑わされず、自分を一番きれいに見せてくれるデザインを探してください。喪服は何度も買い替えるものではありません。そのため、素材がいいことはもちろんですが、着る人との相性が一番の重要ポイントではないでしょうか。ぜひ長く・心地よく着ることが出来て、気品あふれる一着を見つけて下さい。